おはようございます。
インテリアコーディネーターのYUKIです。



ベッド周りとソファ周りの間にIKEAのオープンラックを置いて間仕切り収納として活用しているわが家。


以前、こちらの記事で、オープンラックで空間を区切ることのメリットについてご紹介しました。


今回は、間仕切り収納としてのわが家の活用法についてご紹介したいと思います^ ^


間仕切り収納に、背板のある棚ではなく、オープンラックをお勧めする理由は、両側からものを置けるからというのと、空いたスペースから、反対側の空間が少し見えることで、棚の圧迫感を和らげて部屋の奥行きを感じられるからです。


わたしの場合は、ソファ側はディスプレイメインとして使っています。

上段


ガラス花瓶にウッドチップと白い石を入れただけのディスプレイは最近のお気に入り。
そこにグリーンが欲しかったので、フェイクグリーンで色付け。


下段


ディスプレイメインだからといって全く収納は見せないというわけではなく、ディスプレイ代わりにもなる、IKEAのおしゃれな収納BOXに小物を収納しています。



ベット側にはもう少し実用的な日用品を置いています。
アロマの入ったボックスやアロマディフューザーやファブリックミストやティッシュボックスなど。


ベット側から見たオープンラック初公開!




ベット側から、ソファ側のディスプレイも少し見えますし、空いた空間から、向こう側にソファスペースが広がっているのも見えて、開放感があります。



オープンラックは、このように間仕切り収納としても活用できますし、壁にピタッとつけて、普通の棚収納としても使えますのでほんとに便利だなぁと思います。


これから収納棚の購入を検討されている方がいらっしゃいましたら、オープンラックもぜひ候補に入れてみて下さいね^^






今日もブログに遊びに来て下さってありがとうございます♪


↓クリックしてもらえるとうれしいです!応援お願いします!

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村